金型専業メーカーから試作・開発メーカーへ 私達は常に挑戦し続けます。

Made in Japanの底力

『Made in Japan』 私達日本人は、多くの先輩が築き上げてきたこのブランドを、品質の信頼の証しとして誇りに思い、『ものづくり』に関わる全ての日本人は、自らもその継承者であることを無意識のうちに信じて疑わなかった。そのブランド力は今も輝きを失わない。しかし、かつての『Made in Japan』と今も同じだろうか?
 かつては『Made in Japan』のもう一方に『安かろう、悪かろう』があった。アジアを中心としたそれら多くの新興国製品の品質が、国の発展や、国境を越えた『ものづくり』の広がりと供に日本に追いつけ、追い越せと猛烈なスピードで迫ってきた。グローバル化を標榜するセットメーカーにとっては、もはや『Made in Japan』は形骸化した過去の遺物でしかないかもしれない。飽くなき低価格競争は歪みを生じつつも、着実に品質競争へと様相を変えてきている。新たな『Made in Japan』は『おもてなし』や『もったいない』といった日本人の心の形容を加えて、日本人にしか表現できない新たな『Made in Japan』を生み出し、再び世界を席巻する日が来る事を信じたいものだ。そして、可能ならばその端っこでもいいから、我々も貢献したいものである。